リヴァーシア 開発秘話 ~商品企画からのメッセージ~

開発に至った背景について

今、世の中は世界的にナチュラルブームであると言えます。
いつものライフスタイルを変えることなく、身近に私たちの生活に浸透しているのが特徴で、コンビニではオーガニックの食材や五穀米を使ったお弁当が気軽に食べられ、スーパーでは生産地や生産者が明らかな食材が手に入り、肌身につけるものは、ほぼ当たり前のように選択肢としてナチュラル素材のものが揃っている。選択肢が増えることで生活は洗練され、「ナチュラル」はおしゃれ消費としても広がりつつある大きなトレンドとなっています。

今やおしゃれな人が集まる場所は、かつてのようなファッションビルよりもオーガニックカフェやナチュラルなセレクトショップだったりします。
その流れは当然化粧品にも大きく影響しており、「リヴァーシア」はその“今の女性の気分”をしっかり捉えて、ナチュラルな素材をベースとした商品づくりに取り組むことにしました。

一方でヘアケアは、男女問わずこだわる方が多い商材で、ヘアスタイルの仕上がりを左右する機能性は非常に重要視されます。調査などからも、ヘアケアに望んでいることは昔も今も「ダメージケア」で、多少価格が高くても高効果なものを求める傾向になってきています。
「ダメージをしっかりケアしながら、できるだけ肌や髪にやさしいナチュラルなものがいい」という欲張りな今の女性のニーズを叶えること、これを使命として「リヴァーシア」の商品企画を進めました。

品質面でのこだわり

ヘアケアアイテムを開発する上で重要なのはその機能性で、今も昔も多くの女性が「ダメージケア」を求めています。
そこでリヴァーシアが着目したのは「ケラチン」です。欧米ではすでにブームになっているほど注目されていますが、ケラチンとは髪のほぼ99%を構成している繊維状のたんぱく質のことを言います。つまり、ケラチンをケアすることは髪そのものを根本からケアしていくということなんです。
髪はダメージを受けると、ケラチンが一部流出して髪の内部がスカスカになり水分や栄養を保持できなくなり、結果パサついたりツヤがなくなったり、切れ毛や枝毛になります。

リヴァーシアでは、このケラチンをケアする成分として「海由来」の真珠と海洋性コラーゲンに注目しました。実はこれらの成分にはケラチンを構成する成分が含まれており、傷んだ髪への補修効果が非常に高いことが分かったのです。
この真珠と海洋性コラーゲンからなる「海由来のケラチン補修成分」、そして海藻エキスやマリンオイルといった「海由来の保湿成分」が、ケラチンつまりは髪のほぼ99%を強化し、ダメージを根本からケアすること実現しました。
海から摂れるナチュラルな素材で髪本来の機能を引き出し、一度の使用でそのなめらかさとツヤが得られることことはもちろん、使い続けるうちに髪1本1本が強く健やかになっていくのを感じることができます。

デザインへのこだわり

多くのヘアケア商品が店頭に並ぶ中で「リヴァーシア」を手にとって選んでもらうために、パッケージは敢えて「白」の世界で挑戦しました。
ほぼセルフで買われるヘアケア市場では、目立つために強いカラーや派手なキャッチコピーを用いたパッケージが多く、その中にあって「白」は逆に目を引くと考えたからです。

また、ナチュラルでありながら高級感も併せ持ち、そしてどんなバスルームに置いても様になる、スタイリッシュさをもつパッケージデザインに「白」以外は考えられませんでした。カラフルな売り場において、1品では埋もれてしまいがちな「白」も、「白のかたまり」としてヘアケアシリーズを演出すれば、逆に目立つということを店頭でも検証させていただきました。

そして、1品1品のディティールは手にとりたくなるような、自宅のバスルームに置いて使いたくなるような、完成されたデザインを目指しました。デザイナーに要求したのは「高品質」「ナチュラル」「(トイレタリーでなく)コスメとしての価値」「(キュートではない)可愛らしさ」。 そして出来上がったのが、清潔感のある真っ白なボトルに、貝をモチーフとしたオリジナルパターンを彫刻のように施したボトルデザインです。シンプルでありながらナチュラルで、女性らしい華やかさを併せもつ、納得のいくデザインに仕上がりました。丸みのあるフォルムが有機的なナチュラルさを感じさせると同時に、安定感のある使いやすさがある、こだわりのボトルです。

香りへのこだわり

デザイン同様にこだわったものは「香り」です。なぜならヘアケアにとって「香り」は、五感に訴え、ファンになっていただくためには欠かせない要素だからです。どんなに品質がよくて、どんなにデザインが優れていても、香りがよくなければ二度と使っていただけない。だからこそ「香り」の方向性の決定には時間を費やし、普遍的に愛されるものを目指しました。女性にはもちろん、男性からも好まれる香りにしたいと思い、澄んだ海を思わせるような「爽やかさ」がありながら、どんなシーンでも嫌味のない「エレガントな女性らしい香り」をコンセプトにしました。
何度も試行を繰り返し、最終的にはみずみずしいフローラルを基調にフルーツやシトラス、ムスクなどを組み合わせた「フレッシュフローラル」の、理想の香りが実現しました。
使っている間も、使い終わった後も、心地よい香りに包まれるひと時はまさに至福の時です!

商品企画をする上で、トレンドやニーズを読み取ることは基本ですが、その上にある“トキメキ”がなければ女性には見向きもされません。香りやデザインはその“トキメキ”を与える重要な要素だと思います。私は「リヴァーシア」を、今のナチュラルな気分にマッチしながら、機能面でダメージをケアするニーズを満たし、そして使いたくなる香りとデザインということに徹底的にこだわって商品企画を行いました。是非この「リヴァーシア」の世界を、1人でも多くの人に体験していただければと思います。